ラブグラを使用する女性

女性用バイアグラとして開発されたラブグラは女性器の潤いを増やす効果、つまり不感症を改善してくれます。イマイチ性行為に乗りきれない女性は是非使用して、性行為が楽しいということを体験してはいかがでしょうか?

ケンカでセックスレスの時はラブグラで関係改善

パートナーとの間でケンカをしてしまうことで、セックスレスになることもあります。セックスレスは男女関係を円滑にすることを阻害してしまうので、早期に対策を講じることが大切です。最近セックスレスになっていると感じるときの対策として、媚薬であるラブグラを使用する方法があります。男性用のED治療薬としてバイアグラが有名な存在ですが、バイアグラにはシルデナフィルという成分が配合されています。シルデナフィルには血流を促進させる作用がありますので、男性器の血流を良くすることで勃起をサポートする効果があります。インドの製薬メーカーでは、バイアグラに使われているシルデナフィルを配合した女性用の媚薬を製造しています。女性用のバイアグラはラブグラという医薬品で、性感を引き上げる効果があります。ラブグラにはシルデナフィルが100mg配合されており、女性器の血行を良くすることで不感症の改善であったり、性的興奮を高めることができます。クリトリス(陰核)の勃起を促進させたり、オーガズムを高めることができるので男性側にも高い興奮を与えることにつながります。膣内の潤いを良くする作用もあると言われていますので、性交痛によってセックスレスになっているカップルにとっても、痛みを抑制させる効果が期待できます。ラブグラは服用しただけでは性欲を増進させる作用はありませんが、性的な刺激を受けることで性感を鋭敏にすることが可能です。ラブグラは服用してから、30分から1時間ほどで効果が現れますので、性行為を行う少し前に服用することが理想的です。効果の持続時間は4~6時間ほどとなっていますので、性行為のタイミングを考えて飲むようにしましょう。